記事

使用する電話占い師も多い九星気学について

更新日:

使用する電話占い師も多い九星気学について

占いにはいろいろな種類があります。今回は【九星気学】とはどういった占いなのでしょうか――これをテーマにお話をします。

九星気学とは?

古代中国から伝わる占術の一つです。世界の歴史上でもっとも古い統計学であると評価されているのです。この占術は人間が生まれた年月日から分かる九星と干支と木・火・土・金・水の五行を組み合わせたものです。

九星は一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星になります。性格・相性や方位の吉凶を知る為に使われることもあります。

九星気学の「気学」とは?

私達の目に見えない「気」を指します。「気」は大気として宇宙に存在していると考えられています。人間がその大気を吸うことにより運命が大きく影響されます。

「気」は大きなエネルギーを持っています。そして一定にリズムによって刻まれて回ってるのです。こういった「気」「大気のあり方」「方向性」を占う運命学が「気学」です。

自分が誕生したときにどのエネルギーを吸い込んだかが素になります。各人が誕生した年月日や時間を中心にして占う学術です。

九星気学は唯一無二の積極的開運法です。旅行・転居・デートなど私達の日常生活に応用することもできます。これまで運がなかった人も運勢を積極的に好転させるとができることで九星気学は人気があります。

自分の方位を知る事で運命を予測できます。悪い運命を避けることができるのです。

九星気学での生年月日

特に重要視されるの何年に生まれたかという<年盤>と何月に生まれたかという<月盤>です。この二つは私達の宿命を決める星と言われており<宿命星>と呼ばれています。

開運したいならば、二つの星の特徴を活かすことです。年盤は本命星とも言われており基本的な運勢と性格を鑑定できます。月盤は月命星とも言われており行動と性格を中心にみることができます。

二つの星が反発すると運勢は後退してゆきます。助けあえば良い運勢を導き出せるでしょう。

-記事

Copyright© 電話占いのあまり知られていないこと , 2020 All Rights Reserved.